1Q84 

「1Q84」 村上春樹

予約していたので、発売日にしっかり手に入っていたものの、

仕事に追われて読書に費やす時間が取れず、お盆からやっと読み始めて今になってしまいました。

村上さんの今までの小説のエッセンスが随所にちりばめられ、村上ワールド全開です。

今回は、修飾部を意識して読んだので、村上さんの語彙にどっぷりつかりながら時間を過ごせた点が楽しかった。

現在までのノンフィクション作品が色濃く反映されているところは、村上さん自身の変化を感じることができますね。

本作は、いつものようにベストセラーとなってしまいましたが、「空気さなぎ」とどちらが売れたんでしょうか。

映像化した場合のふかえりって、だれに近いのか少し気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大極宮トークーショーに行く

今や私のバイブルとなっている京極堂シリーズの作者、京極夏彦さんが大沢オフィスの面々とトークショーにやって来るというので、仕事をほったらかしにして行って参りました。

テーマは松本清張生誕100年記念講演らしく、清張作品のそれぞれの見解を交えながら以外にも?楽しいトークが続きました。

大沢さんの軽快な進行ぶりと、宮部さんの清張へのマニアぶりも見れましたし、もちろん京極さんの「清張記念館にある書斎再現にある乱雑な書籍を整理したい」という潔癖ぶりも笑えました。

大物3人が来るということで、会場の大ホールも満席。

質問コーナーでは、ランダムに指名したほとんどの人が「作家になるためには、どうしたら…」みらいなものが多く、商売敵は増やしたくないといいながら、アドバイスをする3人も楽しかったですね。

また、大極宮で来てほしいですね、お待ちしております。

150x

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「井沢式「日本史入門」講座 2」を読む

結構面白かったですね。
シリーズ1は読んでいないのですが、テーマを絞って日本史の解読していくところは。

本編では、「日本書紀」の制作の秘密を井沢式に解読。
天武天皇の命で、その息子舎人親王が編纂した日本書記。天皇家の歴史と日本史を綴ったその内容は実は天武天皇のある謀略を隠蔽するための装置だったと解いていく。

超一級資料を、新説から読み解いていく様はおもしろいです。
歴史好きの人にはお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゲドを読む」を読む

DVDが発売されるとのことで、話題のゲド戦記
この販促として、制作された「ゲドを読む」をゲット。
無料だけど、書店で「ゲドを読む」を下さいと申し出るとくれる。

まだ、読んでませんが少し楽しみです。映画よりも。
そういえば、宮崎駿監督の新作「崖の上のポニョ」もそろそろですね~

Img_0985


| | コメント (0) | トラックバック (0)