岡ちゃん不合格。決断せよ、サッカー協会

岡チャン不合格
決断セヨサッカー協会

サポーター席に掲げられた横断幕。

およそ今の日本代表でWCUPの勝利を期待しているサポーターは居ないだろう。

それほど、何も期待させないチーム状況なのだ。

チームを占めているのは、ジーコからの選手ばかりが目立つ、オシム時代に少し変わり映えのしたメンバーはいつの間にか召集されなくなり、負けても調子が悪くても変わらぬチーム。

試合後語られる反省点は、決定力不足。

点の気配がしないパス廻しだけが上手くとも、韓国のように一発のカウンターにあっさり点を取られる始末。

WCUPの勝利に期待はしない、しかし4年後に再び同じ状況は見たくない。

4ヶ月後が短いのではなく、4ヶ月も無駄にはできない、新たな指揮官を迎え、次チームづくりを始めるには。

決断は今しかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんとか、WCUPは出場

いやはや、後半は滅多打ちのボクサーを見るような状況が続きましたが、

奇跡的にも失点を逃れ、勝ち点3を取りW杯の出場権を獲得。

しかし、今後も苦難の道は続くことは必死。

アジア枠の多さを考えれば、出場は当然の話です。
決勝トーナメントはともかく、予選枠で堂々と戦えるチームになってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おい、おい代表、頼むよ。

昨日のサッカー日本代表の試合、案の定、勝てませんでした。

しかも、危うく負ける可能性もあった。

相変わらず、メディアは決定力不足だと連呼するが、試合を見ていれば、問題がゴール前ではなく、中盤にあるのは明らかだ。

加えて、ディフェンスはもろい。

常に受身にまわり、また相手を無視した攻めであれば、チャンスが生まれるわけは無い。

まんまとアウェイの引き分けを持っていかれ、アフリカへの道がかなり厳しくなった。(現実的には2位まで、または3位でも可能性があるが、それも怪しいということ。)

タイトルには頼むよ、と書いたが、今のチームには頼みたくないのが本音。

とりあえず、早々に監督更迭をお願いします。彼ではひょっとしてアフリカへ行けても、全敗は確実です。今なら間に合います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

監督岡ちゃん。

かなり久々にサッカーネタ。

ご存知のように、オシム監督は病に倒れ急遽、代替監督が必要となり、岡田元監督が再就任となった。

確か川渕くんの口から「オシム」の名前が出てしまう前に、岡ちゃんの名もその候補として挙がっていた。

監督更迭のピンチから、急遽その任をこなし、WCUP出場という目標をクリアした功績はある。

次の日本が狙うのは上位チームとも互角に試合運びができるしぶとさだと思う。

サッカーは点を取らなくても勝てる(勝ち点1)珍しいスポーツなので、まず負けないことが大事なのだ。

逆にいうと、勝てる試合は必ず”楽”に勝ちたい。

格上には試合巧者となり、格下には無理のない試合を。

岡ちゃんの采配により選手の入れ替えも含め変化があるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VSブラジル戦 中田男泣き

日本代表の無力さだけが、印象に残る試合となりました。

世界との差を証明してくれました。縮めることができるかわからない大きな差。
でもきっと、また立ち向かう選手がいることを願います。

少なくとも中田英寿は、正面から立ち向かい、そして倒れたんだということを、次の世代に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表VSクロアチア代表060618

日本代表VSクロアチア代表

やはり勝てませんでした。それでも無失点で乗り切ったことには評価するとして、無得点では最初から勝負にはなりません。
FW陣の不甲斐無さ。他国の選手とは実力がありすぎる感じです。

ここで心配な事実がひとつ。

日本が予選勝ち星なしで1次リーグ敗退。
また、イラン・サウジともに勝ち星なしで、リーグ敗退となると、次期W杯南アフリカでは、アジア出場枠は確実に減らさせ(現に今大会4枠も多いとの批判があった)、かつオーストラリアはアジア編入のため、強敵ぞろい。
おそらく、この5カ国で出場枠2.5枠あたりを争うことに。
ジーコは次世代の育成を放棄したため、次世代は非常に選手層が薄い。(元々、中田世代に比べ、レベルが落ちるといわれている、アテネオリンピック世代)

次戦が、日本のW杯出場も見納めとなるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯vsオーストラリア戦!!!

納得いかないジーコ采配!ジーコ、監督更迭!!!!!!
なんであそこで小野????????
試合決った後の、意味ない大黒投入って???
あほへたくそ ジーコ 0点。

あれだけ後半へばっていたのに全然使わない交代枠。高原はずっと歩いていたし。中澤もふらふら。
こんだけ消耗しているのに、ヒディングは普通に当たり前に、選手交代してくるのに、そのまま。
監督采配がやけに対象的でした。

普通に考えて、もうだめです。おそらく全敗です。
ブラジルに負けて本気のクロアチアにボコボコにされ、0-3で負け。
主力温存のブラジルに0-2で負け。

次のW杯09に向けて次世代の選手を出すにも松井もいない、巻、駒野と茂庭。ほとんど収穫なし。
あと2試合見る応援する価値なし。

ちくしょー、結局ジーコ采配の哲学の無さが、日本の弱さの最大の原因だったということですね。
ブラジルの優勝を楽しみにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯直前

日本代表は...
優勝はブラジル連覇なのか...
ロナウジーニョは伝説となれるのか...
イングランドはどこまで勝ち進むのか...

うーん楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W最終予選VS北朝鮮050608


よくやったよ、代表メンバー。
3期連続W杯出場決定!
勝因は、けがを押して出場した中澤の鉄壁の守備、柳のポジション取りのうまさ、そして大黒の飛び出しの絶妙さとシュートまでの思い切りの良さ。
冷静に考えれば、格下の北朝鮮に対し、リスク回避とは言え、攻めにいった時の粘りが感じられなかったのよね。やはり、どんなときもゴールを狙う気持ちがほしい。

しかし、とうとうジーコは鈴木を下げたね。後半すぐに大黒投入して、それからの攻めのリズムが断然よくなった。
これをみたら、あれだけ信念貫いたジーコも考えざるを得ないな。就任当時の秋田を始めとしたアントラーズ熟練DFで固めた時を思い出してしまいました。あの時も、試合結果が悪く、DF総入れ替えという結論で、それ以来秋田が代表に参加することはなかったね。鈴木ももうないかもね。柳の出来、大黒の実績、また久保の復活があれば、その席は残念ながら無い。
しかし、本来競争があってしかるべきだし、結果が全ての勝負の世界だから。
次のイラン戦はきっちり借りを返してもらいたい。

日本2-0北朝鮮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W最終予選VSバーレーン050603

勝利ーーー

少々心配であったが、結果的に無事勝利。
中田のプレーも、精神面という献身的な活躍が最高だった。

小野、高原を欠くベストメンバーでない布陣も、結果からみれば、上々。柳沢の動きはすばらしかった。
イタリアに渡ってからの切れ味の上昇ぶりが、やっとプレーに出た。今のFW陣でこれに匹敵する働きはない。
それが何よりも収穫。

次戦北朝鮮戦は、中田、中村を欠くことになる。(サントスは別にいいけど)
しかし問題はない。控えにも稲本を始め十分なメンバーが揃っている。
やっと、国内海外とかいう捉え方ではないチーム編成ができるチームになったような気がする。
W杯本番を想定した戦いにシフトする時期になってきた。

がんばれ、ニッポン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)