« 2011年8月 | トップページ | 2011年12月 »

探偵はBARにいる

探偵はBARにいる
☆☆☆☆4.0

150x

大泉洋主演の探偵ものです。小説を元にしているので、シリーズ化いっぱいです。なんとなくシリーズものは観てしまうって方にはおすすめ。

探偵小説の定番、ダメな中年主人公、なんか時代遅れのこだわり(携帯は持たない)、特徴的な助手の存在。

札幌という、あまり映画でメインにならない街を中心に据えたところにも、万人受けしなくていいぞという好感持てます。

ぜひ、シリーズ化して徐々にオモシロくしてほしい。

「24」もそんな感じで徐々に盛り上がりましたからね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界侵略 ロサンゼルス決戦

世界侵略 ロサンゼルス決戦
☆☆☆3.0

突如、エイリアンが地球の各都市を侵略。

ロサンゼルスも攻撃受け、取り残された民間人救出のため、海軍の一隊が救出に向かうことから始まる。

ストーリーはエイリアンとの攻防というより、死に面した人間として、海軍軍人として、葛藤を中心に展開していきます。まるで、USアーミーはエイリアンからも米国国民を守りますとのキャンペーン映画のようでもあります。

敵はエイリアンですが、いきなり何とか光線銃みたいなものはぶっぱなすことは、無いので海軍の通常兵器で何とか対抗します。そこらあたりは結構地味に設定してありますので、逆にリアルに想像すると怖いです。

監督 ジョナサン・リーベスマン 
出演 アーロン・エッカート(マイケル・ナンツ曹長)
     ミシェル・ロドリゲス(エレナ・サントス曹長)
     ラモン・ロドリゲス(ウィリアム・マルティネス少尉)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年12月 »