« 史上最高の静寂 | トップページ | シャーロック・ホームズ »

電子書籍を巡る闘い

Appleの新端末iPad、アマゾンのキンドルと、電子書籍の波が押し寄せる。
日本の出版業界は活字離れにもがいている最中にさらに頭をかかえる局面に。現在の紙の本が売れなくなる、また作家が電子書籍のみの新刊をする動きを見せればコンテンツ確保すら危機に面している。
それで慌てて政府に泣き付いて、保護を求めているらしいです。
音楽業界の状況を横目で見て居るので、その慌てぶりは目に浮かぶ。
個人的には活字大好きなので、活字離れには縁がないが、紙へのこだわりは無いかな?かえって紙は重い、同時に複数の本を持ち運べないなどのデメリットがあった。
これが解消されるなら電子書籍のほうがいいかなと思っている。

保護主義に走ればおそらく、既存の負けが決定し電子書籍の時代がくるんだろうな。
キンドルが発売されたら欲しいな。

|

« 史上最高の静寂 | トップページ | シャーロック・ホームズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65063/47841883

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍を巡る闘い:

« 史上最高の静寂 | トップページ | シャーロック・ホームズ »