« おと・な・り | トップページ | 2009年の映画鑑賞 »

ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー
☆☆☆☆4.5

想像以上に満足作品です。

伊坂幸太郎原作はもちろん、中村義洋作品も拝見したころがありませんでしたが、今回堺雅人さんが主演し、劇場予告もよさそうでしたので鑑賞しました。

映画のリズム感、配役を小刻みに展開させる感じは2時間半まったく退屈させない。

実は、首相暗殺犯の濡れ衣を着せられるアンダーな話なのに、ソフトな回想シーンを織り交ぜて、観ていてそんなにエグイ仕上げにならないところは、うまい。

キルオ役の濱田、不気味な死なない警官役の永島、これぞ父親という演技の伊東四郎が作品のスパイスとしてきりりと効いているな~。「ちゃっちゃと逃げろ」の台詞は演技賞ものです。

仙台が舞台となっており、地元前面協力作品だったが、下水道管についてのうんちくはマニアの域です。笑えました。

監督 中村義洋 
原作 伊坂幸太郎 
音楽 斉藤和義  脚本 中村義洋 、林民夫 、鈴木謙一 
出演 堺雅人(青柳雅春)
     竹内結子(樋口晴子)
     吉岡秀隆(森田森吾)
     劇団ひとり(小野一夫)
     柄本明(保土ヶ谷康志)
     濱田岳(黒いパーカーの男 キルオ)

|

« おと・な・り | トップページ | 2009年の映画鑑賞 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65063/47484128

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンスランバー:

« おと・な・り | トップページ | 2009年の映画鑑賞 »