« あけましておめでとう | トップページ | サヨナライツカ »

アバター

アバター
☆☆☆3.5

話題作なのでストーリーは他のブログに譲るとして、映画館での感想を。

まず主にアニメ系でしかやっていなかった3D映画を本格的に取り入れた作品として、注目作品であることに違いない。

これは、常に革新的映画を送り出してきたキャメロン監督の意欲。

アニメ的ではなく、リアルな3D映像を作ることに真剣にとりくんだことは十分理解できますね。ただ、やはり作品の詳細なところ含めてすべてを3D化するにはかなりの根気と費用が掛かると見えて、ポイントを絞ってはいます。残念なのは3Dを観る時に欠かせない3Dメガネですが、メガネをかけない私には違和感がありました。

今後、一般TVも3D化されるんだと業界は息巻いていますが、はたしてあんなメガネをかけてTVに張り付く人間がとれほどいるのか甚だ疑問です。

まあ、現在のところ3DTVはすごく効果なので、劇場で体験するしかないのでそれなりの価値はあるかも?でも、2000円で一切の割引料金なしという強気の値段設定はやめてほしいぞ、シネコン!

監督 ジェームズ・キャメロン 
脚本 ジェームズ・キャメロン 
出演 サム・ワーシントン(ジェイク・サリー)
     ゾーイ・サルダナ(ネイティリ)
     シガーニー・ウィーヴァー(グレース・オーガスティン)
     スティーヴン・ラング(マイルズ・クオリッチ大佐)
     ミシェル・ロドリゲス(トゥルーディ・チャコン)

|

« あけましておめでとう | トップページ | サヨナライツカ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65063/47357298

この記事へのトラックバック一覧です: アバター:

« あけましておめでとう | トップページ | サヨナライツカ »