« 大極宮トークーショーに行く | トップページ | リンゴ味とメロン味のアポロ »

G.I.ジョー

G.I.ジョー
☆☆☆2.5

お盆、人多すぎ。

盆の休暇を有効に過ごそうと映画館に昼間に繰り出したものの、

普段1列に3人ほどしかいない映画慣れているのため、

「ただいま、混雑していますので、前列から2列目になりますがよろしいですか?」

とのチケット売り場のお姉さんに言われ、

「じゃ、止めときます」

と(わざわざこの込み合ってる中やってきたのに~」と内心苛立ちを覚えながらも、)

さっさとその場を立ち去ってしまいました。

おかげで、レイトショーに改めて繰り出す破目になりました。

結果的に2度まで足を運んだ映画だったのですが、期待したほどのCOOLさが欠けておりちょっと残念な映画でした。

全体のストーリーは、アニメがベースということもあってか、秘密軍隊と悪の組織の対決で、とんでも科学兵器どうしの戦いに、忍者やらがオンパレードで出てきて、とにかくガチャガチャと破壊されまくります。この時点で、あまりストーリー性はないです。

圧倒的に科学力資金力で上な悪の組織がなぜ無意味な戦いをするのかなど現実性はまったく無しの展開で結構疲れます。

また、悪役でアジア人(日本風な街に住む韓国人の中国カンフー修行僧)を演じたイビョンホンはアメリカサイズの人たちに挟まれるとその背の低さがなんともさびしい感じです。

東京と思われる街の片隅に、韓国語を話す少年が住む小林寺的中国寺が描かれるところにはうんざり。

しかし、30数年前ならいざしらず、現時点の作品において、元祖悪役的キャラのアジア人として描かれ方に、製作者側の意図なのか、単に無知なのか、残念なところです。

監督 スティーヴン・ソマーズ 
出演 チャニング・テイタム(デューク)
     レイチェル・ニコルズ(スカーレット)
     マーロン・ウェイアンズ(リップ・コード)
     シエナ・ミラー(バロネス)

150x

|

« 大極宮トークーショーに行く | トップページ | リンゴ味とメロン味のアポロ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65063/45928906

この記事へのトラックバック一覧です: G.I.ジョー:

« 大極宮トークーショーに行く | トップページ | リンゴ味とメロン味のアポロ »