« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

梅酒2009

昨年度に続き、梅酒をつけました。

行きつけの酒屋さんで購入した 天心(梅酒用日本酒)梅酒セット

焼酎などの蒸留酒が主流ですが、醸造酒の日本酒というところがポイント。

さて、うまい梅酒になりますかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ターミネーター4

ターミネーター4
☆☆☆3.5

先週、先行公開初日に見てきました。

かなり楽しみなシリーズの復活。

T2を映画館で始めてみたときは、新しい映画の幕開けを観た~という感じがしました。
これぞ、アメリカ映画!という斬新な感覚でした。

それから、T3が製作さえましたが、すべてがぱっとしないまま何故つくったのだろうという疑問を残したままの不完全燃焼。

そして今回のT4。

T1~T3までのストーリーと違い、未来のジョン・コナーを中心に描かれており、ちょうどT1へつながるエピソードがたくさん盛り込まれています。

たとえば、ジョンの父となるカイルの登場、T1に送り込まれたT-800型の完成過程と登場など。
Tシリーズファンをにやりとさせるポイントもしっかり。

しかし、全体はT1~3までのハラハラどきどきさせる展開とは違い、人類のリーダーとして成長するジョンと、そのジョンの気持ちに大きく影響するマーカスの登場を中心に、しっかりドラマとして描かれているため、雰囲気はかなり違うものとなっている。

なので、基本はTシリーズとは違う外伝的な扱いとして、鑑賞するのがよろしいかと。

監督 マックG
脚本 ジョン・ブランカトー 、マイケル・フェリス
出演 クリスチャン・ベイル(ジョン・コナー)
   サム・ワーシントン(マーカス・ライト)
   アントン・イェルチン(カイル・リース)

20070x_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんとか、WCUPは出場

いやはや、後半は滅多打ちのボクサーを見るような状況が続きましたが、

奇跡的にも失点を逃れ、勝ち点3を取りW杯の出場権を獲得。

しかし、今後も苦難の道は続くことは必死。

アジア枠の多さを考えれば、出場は当然の話です。
決勝トーナメントはともかく、予選枠で堂々と戦えるチームになってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラスト・ブラッド

ラスト・ブラッド(原題: BLOOD: THE LAST VAMPIRE)
☆☆☆  3.5


プロダクションIGの映画作品「BLOOD THE LAST VAMPIRE」を実写化した作品。
IG独特のモノトーンぽいアメコミ風の作風をそのまま活かし、原作雰囲気を壊さず実写化していて、原作を好きな方にはわかると思います。

主演は、韓国を代表するチョン・ジヒョン。
日本が舞台ながら、英語で台詞が進む原作版の雰囲気をそのまま、日本俳優を使わないところが正解だと思います。(まあ、欧米の人には韓国も日本も区別はつかないとは思いますが…)

演じるサヤの人間とは違う悲しみを表現できていると思います。

ただ残念なのは、ワイヤーアクションが洗練されていないところがあるのと、オニの変態後が明らかにB級づくりになっている、ラスト近辺(小雪演じるオニのボスキャラ登場)から脚本が雑だったことです。

ちなみにチョン・ジヒョンは、この作品を世界進出の足がかりとして、英語名をGIANNAとしています。

原作は、「攻殻機動隊」と並ぶ、IGの代表作でもあり、タランティーノ監督「キル・ビル」のザ・ブライトの設定となったことは有名です。(主人公サヤとブライトの武器は日本刀で、キルビルの挿入アニメシーンは、タランティーノがIGの事務所にアポなしで直々に依頼にきたことはあまりにも有名。)

TVアニメ版も製作されましたが、オリジナルとはかなり設定も変更を加えられ子供向けにアレンジされていますので、あくまでも、海外でも認知されているオリジナル版を実写化です。

ぜひ、オリジナル版のアニメーションを見てから、実写版をみてください。

ストーリー
1970年代の横浜米軍横田基地。ベトナム戦争の最中、基地内のハイスクールに転校してきたサヤ。彼女の使命は、人間社会に密かに溶け込み、人間を喰らうオニを、その日本刀で抹殺することだった。

20070x

監督 クリス・ナオン
原作 Production I.G 
脚本 クリス・チョウ 
出演 チョン・ジヒョン(サヤ)
     アリソン・ミラー(アリス)
     小雪(オニゲン)
     リーアム・カニンガム(マイケル)
     JJ・フェイルド(ルーク)
     倉田保昭(カトウ)

| | コメント (0)

天使と悪魔

天使と悪魔
☆☆☆3.0

キリスト教と科学の対立史をテーマに薀蓄を網羅する流れは前作「ダビンチコード」と同じですが、何か難しい暗号も、ラングドン教授が出てくれば即座に解決!

ローマの教会や広場がたくさん出てくるので、弾丸観光の気分にはなれますが、もう少し観客が謎解きに参加できるような脚本にしてほしかったですね。

映画の落ちも、早い段階で予想がついてしまいますし。徹底的に薀蓄映画の方が楽しかったような気がします。

監督 ロン・ハワード 
原作 ダン・ブラウン 
出演 トム・ハンクス(ロバート・ラングドン)
     アイェレット・ゾラー(ヴィットリア・ヴェトラ)
     ユアン・マクレガー(カメルレンゴ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »