« 『村治香織ギターリサイタル』を聴く | トップページ | ヤッターマン »

チェンジリング

チェンジリング
☆☆☆☆4.0

クリント・イーストウッド監督のチェンジリング。

アンジーが演技派として熱演した作品で、見ごたえは十分にあります。監督のこだわりからか、1920年代のアメリカを表現するすべての小道具や街まるごとのセットは圧巻。

なにが映画たるかを熟知している監督ならではのつくり。

こういう映画をみると、CGでつくるだけがすべてじゃないと理解できます。

ストーリーは実話ベースですので、淡々と進みますがそれすらも観客を飽きさせないテンポがあります。

この感じで、アクション撮ってほしいなと思います。

200

監督 クリント・イーストウッド 
音楽 クリント・イーストウッド
脚本 J・マイケル・ストラジンスキー 
出演 アンジェリーナ・ジョリー(クリスティン・コリンズ)
     ジョン・マルコヴィッチ(グスタヴ・ブリーグレブ牧師)
     ジェフリー・ドノヴァン(J・J・ジョーンズ警部)
     コルム・フィオール(ジェームズ・E・デイヴィス警察本部長)

|

« 『村治香織ギターリサイタル』を聴く | トップページ | ヤッターマン »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65063/44174473

この記事へのトラックバック一覧です: チェンジリング:

» 映画『チェンジリング』 [いんどあかめさん日記]
2009年、映画館で観る13作目はこちら。映画『チェンジリング』 1928年。ロ [続きを読む]

受信: 2009/02/26 23:28

» 「チェンジリング」完成度は高いが今日性には疑問 [soramove]
「チェンジリング」★★★☆ アンジェリーナ・ジョリー主演 クリント・イーストウッド 監督、2008年、アメリカ、142分 「ある日、仕事から戻ると子供の姿が無く、 数ヶ月後、発見され電車でつれてこられた子供は 別人だった、主人公は自分の子供でないと 主張を続ける」 実際にあったことだという、 警察の横暴さと、偶然の不幸が 重なった事件。 見ながら思ったのは、 何故、イーストウッド監督は このテーマを選んだのかということ。 映画の完成度としては極上... [続きを読む]

受信: 2009/03/14 00:57

« 『村治香織ギターリサイタル』を聴く | トップページ | ヤッターマン »