« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

噂のアゲメンに恋をした!

噂のアゲメンに恋をした!
☆☆☆☆4.0

ジェシカ、キュートです。

ジェームズキャメロンTVシリーズ「ダーク・エンジェル」の主役マックスから、一躍世界のセクシー女優へと上り詰めたジェシカ・アルバ。

金髪ブロンドから、ラテン系セクシーを路線づけた立役者のひとりです。

その魅力を余すところ無く発揮したセクシーコメディですので、ジェシカファンは見逃すことはできません。

ファンでない方は観てファンになってください。

200

原題 GOOD LUCK CHUCK
製作 2007年 
監督 マーク・ヘルフリッチ
出演 ジェシカ・アルバ デイン・クック

| | コメント (0) | トラックバック (1)

最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方
☆☆☆☆4.0

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの2大名優が演じる余命6ヶ月の男の話。
いわゆる涙頂戴ストーリーではあるけど、2人の安定感のある演技が全編を通して、存在感があります。

あらためて、映画は俳優の力でこうも魅せるものになるのかと感じさせられます。

CG全盛の時代、演技あっての映画を痛感します。いい映画だな~

原題のTHE BUCKET LISTが、この映画のポイントになります。死ぬ前にしたいリスト。あなたなら何を書きますか。

200

監督 ロブ・ライナー
出演 ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研ぐ

包丁の切れ味が悪くなるとどうしますか。

便利グッズで前後に10回ほどスライドすると研げるものがありますが、実はイマイチ。

研ぎ石で研ぐとすばらしく切れ味が向上します。

まだまだ下手ですが、さらなる研ぎを目指して修行です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊本城本丸御殿!

熊本城築城400年を記念して本丸御殿が復元されたので、城好きな僕は早速見学に。
GWということもあって人が多かったですが、30分ほどで中へ。

真新しい御殿は豪華。大広間はとても大きく、ドラマのシーンが浮かびます。
復元ということで、現代の工法は用いず、当時の工法を採用している点は拍手。

002_2

400年記念事業としていろいろなイベントが組まれていますが、5月5日にフジテレビ「めざましテレビ」の生中継がありました。たまたまその前日に市内の有名な桂花ラーメンで食べていたら、アヤパンこと高島彩アナが店に入ってきて目の前に着席。

テレビではカワイイ系ですが、実物はとてもビューティーな方でした。
(↓桂花名物)

004_2

2日目の昼食は、前々から行ってみたいと思っていたこのお店。

010_2

鶴屋の鼎泰豊(ディンタイホン)に行きました。この店は台湾・台北に本店を構え、
ニューヨーク・タイムズに世界10大レストランの1つとして掲載された
小龍包の名店。
台湾を訪れると必ず寄って、香港の支店にも行ってしまうほど大好きです。日本では高島屋系列に出店していて、九州は熊本のみ。

日本のお店は、やはり高めの値段設定なのと、メニューが省略されているので「メニューを食べつくす」楽しみはありませんが味は最高に旨いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーモスの携帯マグ

久々のこだわりアイテムのご紹介です。

最近世の中で、どこでも「エコ」という言葉が合言葉のようになってきましたが、

屋外の飲料はペットボトルの氾濫でよくない状況です。

そんな中割り箸を使うのをやめようと「マイ箸」ブームが地味に浸透しているのと同じに「マイ水筒」も来ています。

おしゃれにマイ水筒派の中では、SIGG製のボトルをケータイするのが一般的ですが、僕的には毎日使用するには洗浄がやっかいなことと、保温性がないことがネックでした。

そこで、知ったのがサーモス社の「真空断熱ケータイマグ」。

魔法瓶を発明したサーモス社だから断熱性は抜群で、熱いコーヒーがいつまでも楽しむことができる。蓋も大きく洗浄も非常に楽。

SIGGに比べ、重いのがネックではあるが、小さいのでバッグにすっと入り持ち運びも問題なし。

まだ、試していないが、スタバでマイカップとして使えば割引もOKという使い方も。

200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王妃の紋章

王妃の紋章
☆☆☆☆☆5.0

「初恋のきた道」を観たときから、大リスペクトの監督チャン・イーモウ。

もう、作品を語るよりはぜひ観てほしい。

監督の得意とする、映像美、色彩美、そして壮大なセット、エキストラ。

終始、圧倒されっぱなしの連続です。

1006459

現在は、北京オリンピック開会式の総合演出を指揮することとなり、

映画製作を中断し専念しているとか。開会式に注目したことはないがこれは永久保存版か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紀元前1万年

紀元前1万年
☆☆2.0

映画の感想あげるの、久々です。coldsweats01

タイミングが合わず、見たい新作を見逃したり、「HEROES」をみたりとしていたら間が開いてしまいました。

今回は、近未来を扱うのがSF映画という原則から、紀元前を舞台にしてしまう設定。
がしかし、1万年前という時代考証はほぼお忘れになっていて、紀元前イメージの無理な設定です。その辺りを気にしないことが肝心です。

ストーリーは、マンモスを狩猟していた部族の若者デレーは、謎の部族に連れ去られた恋人エバレットを救うため、未知の世界へ旅にでる。というお話。

1006459

続きを読む "紀元前1万年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »