« ブレイブワン | トップページ | アジアンタムブルー »

潜水服は蝶の夢を見る

潜水服は蝶の夢を見る
☆☆☆☆4.0

「ELLE」編集長とう華々しい生活から一転、脳梗塞で左目のまぶた以外が動かなくなった男の実話。

ジュリアンシュナーベル監督が描くこの作品は、淡く、平行に広がった画面が特徴的でした。冒頭は、まぶたしか動かないことが理解できない主人公の主観的視線(映像)から始まります。

タイトルにもある「潜水服」とは、その身動きが取れない主人公の体と意識の状況を表現したものだということがすぐにわかります。

そこから、主人公が選択する行動は…

200

2007
監督 ジュリアン・シュナーベル
出演 マチュー・アマルリック

その後の主人公は、

左まぶただけのコミュニケーション(まぶたでYES,NO)を行い、アルファベットを伝えながら、小説を書いてしまいます。

その根気と執念に凄み感じます。

主人公が死期を感じ取っていたのかは不明ですが、本が出来上がった後すぐに彼はこの世を去ってしまいます。

人の人生にを儚さを感じずにはいられません。

|

« ブレイブワン | トップページ | アジアンタムブルー »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65063/40526228

この記事へのトラックバック一覧です: 潜水服は蝶の夢を見る:

« ブレイブワン | トップページ | アジアンタムブルー »