« NYLON100℃ 31st SESSION『わが闇』 | トップページ | 凹む »

アメリカン・ギャングスター

アメリカン・ギャングスター
☆☆☆☆

ベトナム戦時下のアメリカ。ハーレムの大物の運転手だったフランク・ルーカスは、ボスの死より、その下積みから得た知識と経験をもとに徐々に頭角を現す。麻薬に目をつけた彼は、タイ現地まで飛び、産地直送仲介なしのルートを作り出す。その質と量を武器に徐々に裏社会の成功者となった彼は頂点にたったかに見えた。

名匠リドリー・スコットが描く、男のストーリー。そこに哀愁中年を演じさせたら右に出るものが無いデンゼル・ワシントン、実直な刑事にラッセル・クロウ。否が応でも英雄物語を期待してしまう。

デンゼルワシントンの全編にわたる気品ある身のこなしはさすがだ。しかし、男が憧れを抱くヒーロー像を描けているかという少し物足りない。

史実がもとのストーリーということからか、あっと驚くような展開がないからか。

3279

監督リドリー・スコット
出演 デンゼル・ワシントン ラッセル・クロウ

|

« NYLON100℃ 31st SESSION『わが闇』 | トップページ | 凹む »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65063/17924931

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカン・ギャングスター:

« NYLON100℃ 31st SESSION『わが闇』 | トップページ | 凹む »