« PSPでおでかけ映像 | トップページ | エッグボール »

パッション

パッション
☆☆☆3.5

メルギブソン監督によるキリストが磔台にのぼるまでの12時間を描いた問題作。

キリスト教徒、特にカトリックでないものには聖書(バイブル)自体に馴染みがないため当然彼らと同じ意味を持ってこの映画を感じることは難しい。そこに登場する人物、映像は彼らが物心ついた頃からずっと語り聞き及んだバイブルの世界があるのだから。

メルギブソンはそのイメージ映像化しつつ、現実的な映像にもこだわる。鞭打たれ傷付いたキリストの描き方は残酷であるがリアルである。それゆえにそれぞれが感じてきたその場面が映像と結びつき、大きな感傷となるのだろう。

THE PASSION OF THE CHRIST
2004年
監督 メル・ギブソン 
出演 ジム・カヴィーゼル 、マヤ・モルゲンステルン 、モニカ・ベルッチ

|

« PSPでおでかけ映像 | トップページ | エッグボール »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65063/15638513

この記事へのトラックバック一覧です: パッション:

« PSPでおでかけ映像 | トップページ | エッグボール »