« キム何某 | トップページ | ジョゼと虎と魚たち »

インサイドマン

インサイドマン
☆☆☆3.5

銀行強盗と交渉人の駆け引きを描くサスペンス。

押し入った銀行強盗と交渉する、交渉人に、「デジャヴ」「マイボディガード」のデンセル・ワシントン。
強盗目的が不明な天才的強盗犯に、「トゥモローワールド」「シンシティ」のクライヴ・オーウェン。

監督スパイク・リーとくれば、黒人への反社会的な表現を軽快にセリフにはさみつつ、タフな刑事が交渉に挑む。が、当の銀行強盗はさらに上を行く計画で出し抜く。この銀行強盗の目的がすべての鍵。

そして、完全に包囲されている強盗(インサイドマン)はどうやってこの包囲網を突破するのかが見所ですね。

単純なんですが、そのやり取りのテンポのよさとアメリカ社会を風刺しながら進める脚本はおもしろいです。

後味のいい映画です。
(ただ、僕は強盗の脱出方法が先によめてしまったので意外性がありませんでした)

20_15

INSIDE MAN
製作年度 2006年
上映時間 128分
監督 スパイク・リー 
出演 デンゼル・ワシントン 、クライヴ・オーウェン 、ジョディ・フォスター 、クリストファー・プラマー

|

« キム何某 | トップページ | ジョゼと虎と魚たち »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65063/15766289

この記事へのトラックバック一覧です: インサイドマン:

« キム何某 | トップページ | ジョゼと虎と魚たち »