« インサイドマン | トップページ | 退際の美学 »

ジョゼと虎と魚たち

ジョゼと虎と魚たち
☆☆☆☆4.0

タイトルから惹かれます。

いいです、かなり。
監督の犬童一心さんは、「メゾンドヒミコ」の監督でもあります。
映画制作を行ないつつ、CM制作をこなし、先に脚本家としてメジャーに。

ジョゼを演じる池脇千鶴の大阪弁を話す障害をもつ女の子は際立っています。
そこに、絡む妻夫木聡の若者の軽薄さの演技はおもしろいです。以後このキャラを彼は演じていくことになってるのかな~。出演ドラマほとんどみたことないんでわかりませんが。

ストーリーは、大学生と出会った歩けない女の子のちょっと切ない恋模様。
ストーリー展開によって、タイトルのジョゼ、虎、魚たちという意味が解き明かされます。

メゾンドヒミコでは、ゲイ、ここでは障害者という社会性のあるキーワードを自然にクールに表現しています。

邦画としては、脚本、出演者、ジャンルときれいにまとまった作品です。

20_16
2003年
上映時間 116分
監督 犬童一心 
出演 妻夫木聡 、池脇千鶴 、新井浩文 、上野樹里

|

« インサイドマン | トップページ | 退際の美学 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65063/15781563

この記事へのトラックバック一覧です: ジョゼと虎と魚たち :

« インサイドマン | トップページ | 退際の美学 »