« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

退際の美学

昨日の選挙。安部君の大敗です。

様々な敗因をメディアで論じていますが、小泉君のように突き抜けた爽快さが無いのよね~。それが敗因だと個人的に思います。

敗因と言えば、サッカー日本代表。アジアカップ4位。トルシエ、ジーコと続いた優勝に届かずの結果。その敗因と言えば、困難な状況を打開できる個人の力。ゴール前で相手を突き飛ばして蹴飛ばしてでもシュートを打つ執念が無い。

勝負への執念と言えば、勝負がついた相撲でもさらに突き落としを決めてしまう朝青龍。礼節を重んじるらしい?伝統のある?相撲協会にとってのウィークポイント。疲労骨折でお休み中のはずが何故か故郷モンゴルで中田英寿とサッカーに興じているニュースが流れ仮病が発覚。

うんっ、中田英寿っ。そう彼がもっとも退際の美学の実践者。

お粗末。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョゼと虎と魚たち

ジョゼと虎と魚たち
☆☆☆☆4.0

タイトルから惹かれます。

いいです、かなり。
監督の犬童一心さんは、「メゾンドヒミコ」の監督でもあります。
映画制作を行ないつつ、CM制作をこなし、先に脚本家としてメジャーに。

ジョゼを演じる池脇千鶴の大阪弁を話す障害をもつ女の子は際立っています。
そこに、絡む妻夫木聡の若者の軽薄さの演技はおもしろいです。以後このキャラを彼は演じていくことになってるのかな~。出演ドラマほとんどみたことないんでわかりませんが。

ストーリーは、大学生と出会った歩けない女の子のちょっと切ない恋模様。
ストーリー展開によって、タイトルのジョゼ、虎、魚たちという意味が解き明かされます。

メゾンドヒミコでは、ゲイ、ここでは障害者という社会性のあるキーワードを自然にクールに表現しています。

邦画としては、脚本、出演者、ジャンルときれいにまとまった作品です。

20_16
2003年
上映時間 116分
監督 犬童一心 
出演 妻夫木聡 、池脇千鶴 、新井浩文 、上野樹里

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インサイドマン

インサイドマン
☆☆☆3.5

銀行強盗と交渉人の駆け引きを描くサスペンス。

押し入った銀行強盗と交渉する、交渉人に、「デジャヴ」「マイボディガード」のデンセル・ワシントン。
強盗目的が不明な天才的強盗犯に、「トゥモローワールド」「シンシティ」のクライヴ・オーウェン。

監督スパイク・リーとくれば、黒人への反社会的な表現を軽快にセリフにはさみつつ、タフな刑事が交渉に挑む。が、当の銀行強盗はさらに上を行く計画で出し抜く。この銀行強盗の目的がすべての鍵。

そして、完全に包囲されている強盗(インサイドマン)はどうやってこの包囲網を突破するのかが見所ですね。

単純なんですが、そのやり取りのテンポのよさとアメリカ社会を風刺しながら進める脚本はおもしろいです。

後味のいい映画です。
(ただ、僕は強盗の脱出方法が先によめてしまったので意外性がありませんでした)

20_15

INSIDE MAN
製作年度 2006年
上映時間 128分
監督 スパイク・リー 
出演 デンゼル・ワシントン 、クライヴ・オーウェン 、ジョディ・フォスター 、クリストファー・プラマー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キム何某

今日仕事で、韓国から来た団体様をお相手していると、皆様に韓国のある俳優に似ていると言われました。

どうも、褒めて頂いているようなので帰宅後早速ネットで調べてみました。

キーワードは、「李舜臣」「韓国ドラマ」「キム何某」。

すると、下記の人物に遭遇しました。
似ているのでしょうか?自分では良くわかりません。

あえて言うならば、鼻がでかいところか...

20_13

20_14

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エッグボール

エッグボールって知ってますか?

チョコレートの新商品ではありません。

先日ウィンブルドン男子決勝を観戦してたら、ラファエル・ナダルのあのすごいスピンストロークの中で、言われていた球種です。

テニスでは、ラケットでボールを擦り、少なからず回転をかけることが基本ですが、彼のボールはすごい半端ない回転量で、そのボールの軌跡が卵の縦断面のように急に落下することからその名がついているそうです。

テニス初心者の僕には、信じられないほどの軌跡です。

それでも、ナダル君優勝できなかったのね、フェデラー強い!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

パッション

パッション
☆☆☆3.5

メルギブソン監督によるキリストが磔台にのぼるまでの12時間を描いた問題作。

キリスト教徒、特にカトリックでないものには聖書(バイブル)自体に馴染みがないため当然彼らと同じ意味を持ってこの映画を感じることは難しい。そこに登場する人物、映像は彼らが物心ついた頃からずっと語り聞き及んだバイブルの世界があるのだから。

メルギブソンはそのイメージ映像化しつつ、現実的な映像にもこだわる。鞭打たれ傷付いたキリストの描き方は残酷であるがリアルである。それゆえにそれぞれが感じてきたその場面が映像と結びつき、大きな感傷となるのだろう。

THE PASSION OF THE CHRIST
2004年
監督 メル・ギブソン 
出演 ジム・カヴィーゼル 、マヤ・モルゲンステルン 、モニカ・ベルッチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSPでおでかけ映像

ご存知の方も多いとは思いますが、PSPの利用法はゲーム機だけではありません。
現に、僕はPSP用ゲームソフト1つも所有しておりません。

一体何に使用しているのか?

1 映像視聴用
  ハードディスクレコーダーに録画したデータをPSPに転送し、外出先にて鑑賞する。
  主に通勤時間に1時間番組がちょうどよい。画質も予想以上に良いため非常に観や すい。今、8Gまでとなったメモリースティック。4Gを使用していますが、標準画質で10時間以上の取り込みができます。SONY製のレコーダーであれば、おでかけ録画で1時間番組程度ならPSPにわずか1分ほどで転送できます。(すごい

2  PSPでGPSカーナビ
  以前紹介したんですが、PSPにGPSユニットを取り付け、地図ソフトを起動すると、ナビゲーションとして立派に使用できます。当初はGarmin社製のハンディタイプを考えていましたが、安価で最小限機能があり、かつ1の利用もできるPSPにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »