« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

プレステージ

プレステージ
☆☆☆☆4.0

スカーレット・ヨハンソン出演ということで、見逃せないな~と思っていた作品。
近頃は、すっかりセクシー女優として有名になってますが、本人はもっと演技をみてーといっているそうです。

さてこの映画、若手マジシャン2人があるマジック中の事故からお互いを憎むようになり、腕を磨くことよりも相手を打ち負かすことに全てをかけ始めることで、狂って行く様を描いています。

人気の小説の映画化ということで、ストーリーはしっかりしてして退屈させません。
マジックのタネをポイントに展開は進みますが、マジックってそんなんだよね~というところを描いてくれてますね。タネは単純であること、華美な演出で人目をごまかすこと、そんなことありえないというプレステージ=偉業を用意すること。

20_12

以下ネタばれあり。

最後の対決は、瞬間移動。

ボーデンが行なったのは、人生を全てマジックのために。
瞬間移動のタネは単純に同じような人物が2人いること。そっくりさんがいれば良い。
しかし、彼はより本物のそっくりさん、双子。でもそれを奥さんにも隠し双子でありながら1人のドーデンとして生きてきた。それが彼にとっての最大のマジック。

一方、アンジャーはボーデンのマジックを見破れず、苦悩したあげく、出会ったのが科学による秘術。なんと電磁的効果により自分を複製する技術に出会ってしまう。その技を彼はボーデンへの復讐のためにのみ使用する。

これは最後のシーンにちらっと出るが、複製されたアンジャーが水没死するところにボーデンを巻き込む罠のために、何度となく繰り返されるショーの結果、無数に複製されたアンジャーが移るシーンは人間の執念の浅はかさを感じずには居られなかった。

THE PRESTIGE
製作年度 2006年
上映時間 130分
監督 クリストファー・ノーラン 
出演 ヒュー・ジャックマン 、クリスチャン・ベイル 、マイケル・ケイン 、スカーレット・ヨハンソン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

癒しのコーヒー

天神のつづき。

天神で必ず立ち寄るところで、もう一つはずせない、珈琲美美

マスターが、不思議な帽子と衣装で迎えてくれます。

店は珈琲のほのかな香りと、木の温かみのあるシンプルなつくり。

ネルドリップで、一杯ずつ丁寧に入れていく。

天神の喧騒に疲れた体を癒してくれる至福の一杯

Img008

Bimi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TAXI NY

TAXI NY
☆0.5

劇場で、TAXI続編があるというCMがあるので、唯一観てないシリーズと思い借りましたが、あまりのつまらなさに、DVD観るのを止めました。
後悔です。

2004年
上映時間 97分
監督 ティム・ストーリー 
出演 クイーン・ラティファ 、ジミー・ファロン 、ジゼル・ブンチェン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わっぱ定食堂

今日は天神にて買い物。

必ず立ち寄るショップ「フレーム」にて、半そでバーバリアンを購入しつつ、Mr.buddyさんに昼食オススメをリサーチ。

すると、わっぱ定食堂なるものを紹介していただいた。

おすすめチョイスはB定食↓ということで、チョイス。

Img006

僕のチョイスは、カツカレー。(半熟卵のせ)

Img007

天神から少し離れていて、2時近くでしたが、待ち時間があるほどの大人気。でもとてもお店も清潔感がありおしゃれで、肝心のお味もグッド。自分の住処近くにあれば最適なのに~。

buddyさん、美味しかったです。また教えてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダイ・ハード4.0

ダイ・ハード4.0

☆☆☆☆4.0

まさに、不死身の親父!!

1作目から既に約20年。娘も既に大きくなり悪い虫(オトコ)がつく様になっている。そんなジョンマクレーン刑事に襲い掛かる不運。

変わりません、この不運ぶり&タフさ。色々考えずダイ・ハードシリーズを楽しめる人には持って来いです。

マクレーンは、アナログ刑事として描かれます。携帯電話をかけたため、居場所がバレるとは考えてません。

でも、ヘリコプターを車で打ち落とすことは考え付きます。おかしいです。

でも自慢げに悪者に言います。かなり俺が始末したから、そちらの持ち駒も足りないだろう?って。怖すぎます。

悪者は、こんなに用意周到に準備していたはずなのに、弱すぎます。

笑わせてくれたのは、マクレーンの娘が銃を突きつけられた時、親父と同じ対処をすることです。もしかして、次、娘主人公じゃないだろうな?

LIVE FREE OR DIE HARD
製作年度 2007年
監督 レン・ワイズマン 
出演 ブルース・ウィリス 、ジャスティン・ロング 、ティモシー・オリファント 、クリフ・カーティス 、マギー・Q 

20_11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アポカリプト

アポカリプト
☆☆☆☆☆5.0

これを単に、映画と呼んでいいのか。

全編に亘り、迫力、リアル、興奮が染み渡っている。
確かに一つ一つには革新的な技術はないのかもしれないが、最初から最後まで観ているものを引きずり込むチカラがこの映画には存在する。

監督であるメルギブソンの容赦のない病的なまでのこだわりが、否応なしにリアリティの世界を作り上げる。
出演者は映画経験のない人物が出演、全編マヤ語の撮影。
監督の頭の中にあるしっかりとしたビジョンを抜き出して見せたような映像。

パレオマニアである僕には、マヤ神殿の儀式のシーンなど、あの時代に実際にそこにいるような錯覚をしてしまった。

マヤ文明の崩壊は文明の驕りによる、自然破壊から徐々に食糧難が発生したと考えられている。文明末期は、群集の異常行動、そして致命的な外力との結末は、現代の世界へ警鐘である。

ストーリー
16世紀のユカタン半島(メキシコ)。
狩猟部族の狩人(戦士)である主人公は、村で平和な生活を送っていた。しかし、ある日その村をマヤ帝国の戦士達が襲う。彼らの目的は、神への生贄である戦士の捕獲と売買を目的とした奴隷の捕獲。
妻と子供を何とか洞窟に隠しながらも、父を目の前で殺され捕まってしまう。
マヤ帝国の都市に連れて行かれ、マヤ神殿で次々と心臓を抉られ、首を落とされる狩人(村人)。
ついに、彼の番となった時、日食が起き、生贄を免れたが、残されたのはマヤ戦士達によるなぶり殺しだった。
しかし彼は矢を身に受けながらも、自分の村を目指しジャングルへと逃げることに。
洞窟に残された妻と子供を目指し、彼の逃亡が始まる。

20_8

2006年
上映時間 138分
監督 メル・ギブソン
出演 ルディ・ヤングブラッド 、ダリア・エルナンデス 、ジョナサン・ブリューワー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニミニ大作戦

ミニミニ大作戦
☆☆☆3.5

ザ・シューター/極大射程」のマーク・ウォールバーグ、「イーオンフラックス」のシャーリーズ・セロン、
16ブロック」のモス・デフ、「トランスポーター」のジェイソンステイサムと見た顔がずらりの作品。
クールな仕上がりで、アクションたんまりの大作ではないが、出演者もケチらずしっかりとした映画です。
アクション映画なので、ハラハラ度をもう少しアップしてくれればと思いますが。
ミニ好きの方にはたまらない、ミニの疾走シーンもあります。

ストーリーは、
天才的泥棒のチャーリーはそれぞれの特技をもつ仲間を集め、3500万ドルの金塊を見事盗むが、1人の仲間に裏切られ、父親的存在のジョンは撃たれてしまう。
1年後、チャーリーは裏切り者を発見し、腕のいい錠前屋になったジョンの娘を加えたチームで再び金塊を盗む計画を立てるのだが...

20_7


2003年
監督 F・ゲイリー・グレイ
出演 マーク・ウォールバーグ 、エドワード・ノートン 、シャーリーズ・セロン 、
    セス・グリーン 、ジェイソン・ステイサム 、ドナルド・サザーランド 、モス・デフ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新酒?

Img_1012

唐突に梅酒をつくろうと思い立ち、馴染みの酒屋へ行く。
確か梅酒用地酒があったと思ったがない。
ふと、気になるラベルが...

シークァーサー梅酒

思わず手にしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドライブ

Img_1014

となりまちの海まで行ってきました。
もう夏が来ているんだな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

300 <スリーハンドレッド>

300 <スリーハンドレッド>
☆☆☆☆4.0

地中海史は詳しくありませんが、スパルタという都市国家を題材にその他国との闘争を叙事詩として映像化してるんだなと感じました。
映像は過激なシーンもありお気楽なファンタジーではありませんが「シンシティ」のような描写です。
新たな描写法であるようです。

セリフの中には(翻訳のため原作は多少違うかもしれないが)、白人系民主主義国家とアラブ系専制主義国家との対決であるとあったり、現代を刺激するところもあったり。
でもなにか、ラストサムライで観た様な国家というか民族というかその精神的なプライドのために生きるということを描きたかったのかなとも。

これは映画館で見て感じてみてください。


ストーリーは、
幼少の頃からその王となるため鍛えられたスパルタの王レオニダスに、強国ペルシアが降伏の使者を送ってきた。属国となり生きながらえるか、戦い名誉ある死を選ぶかの選択で、ペルシアの賄賂で動くスパルタ議会の支持を得られず国軍で戦うことが叶わず、レオニダスはわずか300の親衛隊の精鋭を持って立ち向う決意を固めるが...

20_6

2007年
監督 ザック・スナイダー
出演 ジェラルド・バトラー 、レナ・ヘディ 、デヴィッド・ウェンハム 、ドミニク・ウェスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mr.Friday

本日も、恒例のギネス飲み。
同僚のS君とカウンター座り。

参加できなかった3周年記念のパティー動画を見ながら、新メニューを食す。
Img_1005

あまり、カクテルは飲まないのだけれど、この”アイリッシュフラッグ”は見た目もいいし、甘めなので締めに飲んだりします。
綺麗にアイルランド国旗3色に層を重ねてるところからのネーミングですが今日は???
バーテンダーYUKAちゃんに聞くと今日は75点だそうです。

このアバウトさがこの店の魅力でもあります。
Img_1009


| | コメント (0) | トラックバック (0)

早くもバテ気味です。

早くも暑さに負けてバテ気味です。
食欲も減。

こんなときには、古の慣わしにそって斯様な物を食してみよう!

と うなぎ 鰻 を食べに行ってきました。
ちょくちょく行く、わが街では老舗のうなぎ屋 田舎庵 です。

少しは元気になったかな?


Img_1002


Img_1004


| | コメント (0) | トラックバック (0)

UDON

UDON
☆☆2.0
(ただし、讃岐うどん好きの人にかぎり4.0)

踊る大捜査線の本広監督の作品。
香川県出身の監督ならではの故郷をフューチャーしたストーリーです。

あらすじは、アメリカンドリーム的な話だが映画としては???
それよりも、映画で登場するホントのうどん名店がたのしみ。
いきなり、山越が登場する など、讃岐うどんめぐりをした僕には感動~の嵐。
もちろん、店のご主人も登場です。

また、前年度に同監督撮影の「サマータイムマシーンブルース」に出演したメンバーが揃って出演するところもお遊びがあってよろし。

香川の風景が度々移され、監督の故郷を愛する気持ちが伝わってきます。
Img_0985_3

2006年
監督 本広克行
出演 ユースケ・サンタマリア 、小西真奈美 、トータス松本 、鈴木京香

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道限定飲料【ガラナ】

Img_1


暑かったので、近所のコンビニにサイダーを買いに行ったら発見しました。
懐かしい~

ガラナ。


北海道限定なのに、何故か九州で?
北海道でしか販売されていないのは、ほぼ同時に日本で発売されたコーラとガラナ。本州ではコーラの圧倒的な勝利となり、ガラナは姿が消えてしまう。
しかし、コーラが北海道に上陸するのが本州より少し遅れたため、既にガラナが北海道に定着していたからそのままガラナは北海道にのみ残ることになったそうです。

実は僕が懐かしいのは北海道で飲んだわけではなく、10年ほど前にブラジルに住んでいた頃、毎日飲んでいたから。
ガラナの原料のガラナは、南米原産の植物。当然、ブラジルではコーラよりもポピュラーな飲み物。
カテキンを多く含むことから、健康飲料的な意味合いからまた陽の目を浴びつつあるのかも。
北海道限定ということから、ネット販売も多数。

気軽に飲みたいので、Fマートよ、ずっと置いていてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

16ブロック

16ブロック
☆☆☆3.0

ブルースウィリスお決まりの1人奮闘もの。
アル中の刑事が、残業で言い渡された証人の搬送。わずか16ブロックの移動はすぐに完了するはずだったが...

アクションはもう一つか?エンディングに向けての人間ドラマの方が感じがいい。
「ダイハード4.0」が上映されるのでそちらを楽しみにしたいです。

Img_0985_2

2006年
監督 リチャード・ドナー
出演 ブルース・ウィリス 、モス・デフ 、デヴィッド・モース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・シューター/極大射程

ザ・シューター/極大射程
☆☆☆☆4.5

かっこいいです。

元海兵隊のスナイパー、ボブ・リー・スワガーが主人公。軍を退役し、山の中で隠遁生活を送っていた彼の元に元大佐という男が訪ねてくる。大統領暗殺計画が実行されようとしており、その阻止のために協力してほしいとの話だった...

邦題がクールでないため(香港映画タイトルの様)気に入りませんが、スワガーは超一級のスナイパーで2Km先の標的をも正確に打ち抜く腕をもつ。
一人で軍を敵にまわしても、知的なタフさで、敵を退ける。「ボーンアイデンティティ」のボーンに並ぶクールさだ。
ストーリーもテンポ良く、飽きさせない。
中で、さらりとケネディ大統領暗殺の謎を解くところもおもしろかったりする。

ぜひ、続編をお願いしたい。

Img_0985_1
2007年
監督 アントワーン・フークア
出演 マーク・ウォールバーグ 、マイケル・ペーニャ 、ダニー・グローヴァー 、ケイト・マーラ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「井沢式「日本史入門」講座 2」を読む

結構面白かったですね。
シリーズ1は読んでいないのですが、テーマを絞って日本史の解読していくところは。

本編では、「日本書紀」の制作の秘密を井沢式に解読。
天武天皇の命で、その息子舎人親王が編纂した日本書記。天皇家の歴史と日本史を綴ったその内容は実は天武天皇のある謀略を隠蔽するための装置だったと解いていく。

超一級資料を、新説から読み解いていく様はおもしろいです。
歴史好きの人にはお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゲドを読む」を読む

DVDが発売されるとのことで、話題のゲド戦記
この販促として、制作された「ゲドを読む」をゲット。
無料だけど、書店で「ゲドを読む」を下さいと申し出るとくれる。

まだ、読んでませんが少し楽しみです。映画よりも。
そういえば、宮崎駿監督の新作「崖の上のポニョ」もそろそろですね~

Img_0985


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドライブ

山口県へ愛車でドライブしました。
特に目的地もなかったのですが、温泉を目指して。

お昼も食べていなかったので、名物のたかせ「瓦そば」を頂きました。
初めて食べたのですが、まあこんなものかな。
Img_0973_2

公営の銭湯に入る予定でしたが、瓦そば屋に併設されている温泉があるということで、そこに。
150円でした。安い。(入湯税のみ?)
すごく上品な大きさの露天ですが、時間帯も外れていたので貸切状態。

Img_0974

今回のドライブの発見は、温泉街を見下ろす展望所の絶景。
日本海と、町のようすがすごい迫力です。
山口県は、小高い山が多く、地形が豊かで面白いです。
海、棚田が一望でき、思わず一眼レフがあればと残念です。

Img_0976

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嫌われ松子の一生

嫌われ松子の一生
☆1.0

やはり、人間には苦手なものがあるようです。
僕は、①魚介類、②おべっか、③ミュージカル です。
この映画はミュージカル仕立てで、観る事ができませんでした。
この作品好きな人には申し訳ありませんが、最低な評価です。

2006年
上映時間 130分
監督 中島哲也
出演 中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スウィングガールズ

スウィングガールズ
☆☆☆3.5

遅まきながら、鑑賞。(完賞)
映画としての良し悪しはさておき、結果楽しめました。
特に、出演者がほんとに演奏をマスターした上でのラストの演奏は迫力がありましたね。
学生の時、一応ブラスバンドに所属してましたので、息づかいを感じて。
楽器っていいな~

かつて邦画をほとんど見なかったけど、「たのしけりゃいいじゃない」映画の流れをつくった感じのある映画だと思います。
上野樹里は今や、ドラマ女王に。
貫地谷しほり や本仮屋ユイカは某国営放送に出演と、そういう意味でも今の流れをつくった映画ですね。

2004年
監督 矢口史靖
出演 上野樹里 、貫地谷しほり 、本仮屋ユイカ
20_5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然農法への挑戦

私のなじみの酒屋さんの誘いで、地元の溝上酒造さんが挑戦している自然農法による酒米づくりのお手伝いへ。

ここで、知らない人のために、
「自然農法(しぜんのうほう)とは、不耕起(耕さない)、不除草(除草しない)、不施肥(肥料を与えない)、無農薬(農薬を使用しない)を特徴とする農法。肥料や農薬を使用する従来農法(有機農法も含む)と異なり、基本的に播種と収穫以外の作業を行わず、自然に任せた栽培を行う。日本や世界各地に実践者がいる。」
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

有機農法との違いは、「率直に言えば用は農業をしない」ということだろうか。だって、耕すこともしないのですから。
肥料は自然にそこに生えてきた雑草がいづれ土に返り、土を肥やすという原理です。う~ん、本当に???
でも、よく考えれば、植物は人間に育てられるまでもなく、元気に育つもの。

この溝上酒造さんの自然農法田は、戦後放置された山奥の棚田。
まずは、ボランティア(酒好き)のおじさん達で畦つくりからです。機械が入らない山なので、全くの人力。

疲れます。

でも、3年目なので、まだマシです。最初は、樹木の伐採からでしたから。

いつも、いのしし君に穂を食べられてしまい、収穫に至ってないという現状ですが今年こそはと意気込んでいる(酒好き)ボランティア陣でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
☆☆☆3.0

うーん、正直つまんなかった。
まず、長すぎ。ていうか、時間が長すぎると感じてしますほどつまんないってことか。

確かに、シリーズ好きには堪らない、ちょっとしたお遊びが随所に散りばめてはありますが、それだけ。
なんか受けを狙いすぎて、焦点が定まっていない映画です。
セットなんかはすごくお金かけてはいるんだけど、ストーリーが陳腐だからCGでもいいじゃないの?って感じ。
明らかに、1作目で打ち止めしておくべきであった。

2007年
監督 ゴア・ヴァービンスキー
出演 ジョニー・デップ 、オーランド・ブルーム 、キーラ・ナイトレイ


20_4

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »