« 武士の一分(いちぶん) | トップページ | どろろ »

マリー・アントワネット

マリー・アントワネット
☆☆☆3.5

ロスト・イン・トランスレーション」で大好きなソフィアの新作。
かのヴェルサイユをロケし、話題作となって帰ってきました。
装飾、衣装、食事等々、当時の豪華さを再現した映像は圧巻でしたが、
観終わると忘れてしまうほど、印象が薄い。

ロスト・・・のように、写真を並べたような映像ではあるんだけれど、しかし
ストーリーがインパクトないので印象に残らないんだな。残念。
脚本を誰かにお願いすればよかった感じ。

20070202_2


2006年
監督 ソフィア・コッポラ
出演 キルステン・ダンスト 、ジェイソン・シュワルツマン

|

« 武士の一分(いちぶん) | トップページ | どろろ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65063/13673206

この記事へのトラックバック一覧です: マリー・アントワネット:

» 大いなるもったいない「マリー・アントワネット」 [映画で楽しむ世界史]
観光ポスターのような映画 マリー・アントワネットの伝記では岩波文庫にある「シュテファン・ツワイク」の「マリー・アントワネット上下」が定番。ツワイクはオーストリアの有名な伝記作家で、1932年に刊行されたこの本は、ドイツ伝記文学の絶頂に位置するとも言われる。 今回の映画の原作は、イギリスの伝記作家「アントニア・フレーザー」が書いた「マリー・アントワネット」だそうだが、ツワイク物の「堅い」政治的部分を除き... [続きを読む]

受信: 2007/01/27 12:46

« 武士の一分(いちぶん) | トップページ | どろろ »