« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

ゲド戦記は観れる映画となるのか?

スタジオジブリの新作「ゲド戦記」。
宮崎駿監督の息子吾郎氏の初監督作品としてもPRされ今夏の期待作とされているが...

どうも、各メディアの評価はイマイチ。
宮崎アニメの踏襲ばかりで、何も伝わってこないという評価が多いようだ。
吾郎氏もアニメ製作は全くの素人だし。ジブリとしては、マスコミ受けしやすい売りがほしかったのだろうが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蟲師映画化

かなり前にブログに書いた、蟲師が映画化!

主演オダギリジョー、監督大友克洋。

アニメ化に継いで、実写化か~。
頼むからショボイ映画にしてくれるなよ~。

ゲド戦記、どうも怪しい。宮崎ジュニアはかなりの問題児かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラヴァイオレット

ウルトラヴァイオレット
☆☆☆3.0


原作が漫画ということもありストーリーは今ひとつでしたが、
ミラのヴィジュアルが最高でした。
この手の役柄ははまり役です。

映画では、背景が一切説明なしで、さっぱり意味不明なというか単純に進む脚本になってましたが、
もっとつくり込めばいい作品になるのに、もったいない。
製作陣を変更してがんばんないかな~

イーオンフラックスともね。

2006年 アメリカ
監督 カート・ウィマー
出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 、キャメロン・ブライト

| | コメント (0) | トラックバック (1)

M:i:III

M:i:III
☆☆☆3.5

トムクルーズの趣味全開の映画です。
強いかっこよさは前作よりトーンダウンしますが、超人ぶりは中々です。
映画館向きのアクション映画ですから、DVDより劇場用です。
私生活でも、絶好調?のトムですが、この路線いつまで続くのでしょうか?
次回作は厳しいでしょうね。

今作の収穫は、
フランス系アメリカ人父とベトナム人母とのハーフのマギーQ。いい感じでした。

2006年 アメリカ
監督 J・J・エイブラムス
出演 トム・クルーズ 、フィリップ・シーモア・ホフマン 、ヴィング・レイムス 、マギー・Q

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポセイドン

ポセイドン
☆☆2.5

パニックムービーとしては少しサプライズが少なかったかな。
あと、CG多用し過ぎ。役者さんも数少ないところが、なんか撮影していますというスタジオっぽい印象を感じました。
カート・ラッセルってB級予算映画の出演結構多いですよね。
でもなかなかおもしろっかたですよ。

2006年 アメリカ
監督 ウォルフガング・ペーターゼン
出演 カート・ラッセル 、ジョシュ・ルーカス 、ジャシンダ・バレット 、リチャード・ドレイファス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »