« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード
☆☆☆3.5

ご存知、ベストセラーとなった小説の映画化です。

ダヴィンチ、ニュートンが総長を務めていたというシオン修道会が隠してきた聖杯をめぐるバチカンとの攻防物語を現代版サスペンスに絡めて語る映画です。
って、数十文字で終わったじゃないの?
しかし、映画はそんなものです。カンヌで失笑をかったという話はほんとでしょう。

(以下ネタばれあり)

キリスト教会最大の秘話、「キリストは妻がいて、その子孫が現代に生きている」がテーマですので、そのあたりの史実?をしらない人にとっては衝撃があるのでしょうが、サスペンス映画にはなっていません。
映画のなかでは、真実が淡々と明らかになるだけの展開で、平らな深みのない描写ばかりです。
もっと、キリストの子孫であるオドレイも、きっと悩める人間として描いたほうが面白かったと思います。
キリストを語るために、キリスト教を抜き過ぎて淡白になってしまったんではないかな。

しかし、R.R.の灰色のガンダルフ役イアンは、人間的に描かれよかったです。最後の護送されるパトカーの中で叫ぶ姿が印象できでした。

でも、このような内容が娯楽として世界に流れることをバチカンはどうみているのでしょうか。
カソリックたちには影響はないでしょうけど。

2006年 アメリカ
監督 ロン・ハワード
原作 ダン・ブラウン
出演 トム・ハンクス 、オドレイ・トトゥ 、イアン・マッケラン 、アルフレッド・モリナ 、ジャン・レノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観たい公開映画

『アンダーワールド:エボリューション』
前作の世界観にファンは待っていた作品。キャラ重視。
 
『ナイロビの蜂』
名作 『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督の最新作。ぜひ観ないと。
 『シティ・オブ・ゴッド』ももう一度みたいな~。

『アンジェラ』
リュック・ベッソンが約6年ぶりに監督ってだけで、観ずにいられない?

『ダ・ヴィンチ・コード』
超売れた小説の映画化。僕は映画化されると聞いて小説読みませんでした。

『デイジー』
映画館で観た前宣は期待大。

『M:i:III』
トムクルーズのはまり役。判りやすいし、トムのキザ振りがはまってます。

『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』
よく映画でるよね~、ジョニーディップ。小作品含めるとどれくらいのスパンで仕事してんでしょう。
 
『トランスポーター2』
前作はDVDでしたが、今回は映画館で観たいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かもめ食堂

かもめ食堂
☆☆☆☆4.5

かなり、おすすめです。
映画館で観て納得の映画でした。
主人公のサチエさんは、フィンランドヘルシンキで、おにぎりが自慢の和食食堂を営んでいます。
でも、開店から約1ヶ月客は誰も来ません。
それでも、サチエさんはじっと待っています。毎日食器を磨きながら。
いつか、満席になる食堂を想像して。

そこに、ひとり、またひとりと繋がって人が訪れるように...

フィンランドでは平凡だけど、質素だけど、美しい町並みや、自然と一体感のある生活が見えてきます。
日常の生活を描きながら、人生ってこうあればいいな、幸福な人生とは、こんな生活ではないだろうかと、思わせる(今の日本人に)映画ですよね。
それと、悲しくてもお腹は減るし、人って、美味しいもの(決して豪華なものではなく)を食べれば幸せな気持ちになるんだろうなと感じました。


2005年 日本
監督 荻上直子
原作 群ようこ
脚本 荻上直子
出演 小林聡美 、片桐はいり 、もたいまさこ 、ヤルッコ・ニエミ (←第一号の客?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mr.&Mrs. スミス

Mr.&Mrs. スミス
☆☆☆3.0

アメリカの夫婦ものコメディストーリーですね。アクションテイストの。

もうしこし別の仕上がりをイメージしていましたが、
現実にできてしまった、ブラッドとアンジェリーナの熱々な撮影会でしたね。
全体に凝って欲しかった。
この二人を同時に使うとギャラがすごいんでしょうね。ほかの俳優ほとんどいませんでした。
トゥームレイダーの方がずっとよかったかな?

2005年 アメリカ
監督 ダグ・リーマン
出演 ブラッド・ピット 、アンジェリーナ・ジョリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »