« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

沖縄ラム「CORCOR」

馴染みのO酒店にて発見。
沖縄のラム酒。デザインも南国風でよい感じ。味もGood job!!
僕は、試飲した結果、グリーンの「COR COR AGRICOLE」を選択。もともと、スピリッツ好きなのでやられてしまいました。

近頃の焼酎ブームで、好景気の南国酒造業界にまた期待の星という感じです。
代表者は、沖縄電力の社内ベンチャー制度で会社立ち上げを成し遂げた金城女史です。
これからも、がんばってほしいです。

CORCOR HP
http://www.rum.co.jp/index.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オペレッタ狸御殿

オペレッタ狸御殿☆☆☆3.0

これは映画というべきなのか???
まぁオペレッタと名が付いているのでオペラには違いないのでしょう。さすれば、問題ないか?

ということで、ツィイー女史の主演作をまた観てしまいましたが、ストーリーなんか気にしてはいけません。
生涯に一度だけ、松たか子を生で見たいがために出演オペラを見に行きましたが退屈で堪らなかったことを思い出しました。
それはさておき、狸の姫のツィイー女史は、人間のオダギリダジョーと恋に落ちますが、その恋は当然実らぬ恋。というわかりやすい話を、鈴木監督の独特の美で装飾されてござーい。

この辺りで。チャンツィイー好きな人は見てください。

2004年 日本
監督 鈴木清順
出演 チャン・ツィイー 、オダギリジョー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キングダム・オブ・ヘブン

キングダム・オブ・ヘブン
☆☆☆ 3.5

総合的に「グラディエイター」リドリー・スコット監督の作風がでている作品。いい映画です。
主人公が成長が、内面があまり描かれていないのと、薄っぺらさを感じてしまうところが個人的には残念です。
聖人君主に描かれているので、もう少し個人の悲しみを描いてくれていればよかったかな。

最後にテーマが、エルサレムであることが判明する。
確かに現在も中東の火種であり文明衝突の象徴のような都市エルサレム。3宗教世界のこれからの関係と行く末を案じる作品であることを感じた。

2005年 アメリカ
監督 リドリー・スコット
出演 オーランド・ブルーム 、エヴァ・グリーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »